車やバイクの簡易的なセキュリティから多機能なものについて。また多機能のセキュリティの様々な機能について。

車のセキュリティについて
車のセキュリティについて
車のセキュリティについて

車のセキュリティについて

PAGETITLE
一言でセキュリティと言っても色々なセキュリティがあります。守る対象となるものも違えば、何から守るか、敵となる対象や守る程度、目的も様々です。まずは一般的な車やバイクなどに搭載されているセキュリティについて考えてみましょう。まず守る対象は車そのものです。敵となるものはイタズラや窃盗です。この種のセキュリティに関しては多くの種類があります。一番簡易的なセキュリティは視覚だけのものです。赤や青の光を常に点滅させることで視覚に訴えます。一般的なものは車体にある程度の衝撃や、揺れがあった場合や車内に気圧センサーがありドアなどが開閉され気圧の変動に伴い警報を鳴らすというものです。

多機能なものになると、車体が揺れるのを感知すると警報音を鳴らすのはもちろん、人間が近づいただけでそれを感知し警告を発します。この場合は警報音ではなく多くの場合人間の言葉による警告です。たとえば「セキュリティシステム作動中です。ただちに離れてください」などです。一定の時間がたっても離れない場合警報音が鳴ります。これは実際に車体に誰かが近づくことすら許さないセキュリティで高級車などについている場合がほとんどです。そのほか今は携帯電話とセキュリティが連動しており自分の車の状態を24時間監視できるのもあります。守る車の価値や周囲の状況、目的に合わせて一番適正なセキュリティを選ぶことが重要です。

話題のセキュリティの参考になるネタはネットならここがイチオシです!!

Copyright (C)2015車のセキュリティについて.All rights reserved.